レシピ / Recipe

きのこたっぷり鮭の南蛮漬け

秋を先取り、初秋レシピ!たっぷりのきのこと鮭を味わってください。

きのこたっぷり鮭の南蛮漬け

お盆も過ぎ、店頭ではちらほら秋の味覚が姿を現し始めました。いよいよ、食欲の秋の始まり! 秋は鮭ときのこが美味しい季節です、栄養価の高い旬のものをたくさん食べて、夏の疲れを吹っ飛ばしましょう! 今夜は秋のきのこをたっぷり使った、鮭の南蛮漬けはいかがでしょうか。

使うきのこはなんでも大丈夫ですが、舞茸は加熱してもかさが減りにくく、歯ごたえもありボリュームアップも出来るので、とってもおススメです。味付けのベースにめんつゆを使うので、調味料も少なくて誰でも簡単にばっちり味が決まりますよ! 酸味が欲しい方は、少しお酢の量を増やすとさっぱりと食べられるので試してみてください。さらにお好みで、レモンスライスを追加するとまたひと味違う酸味も楽しめます。

まだまだ暑い日が続きますが、食卓から初秋を味わってみませんか? 秋の味覚を使った南蛮漬け、是非挑戦してみてください。

材料・分量

分量は4人分です(272kcal = 1人分)
材料 分量
舞茸 1パック
しめじ 1パック
椎茸 2個
玉ねぎ 小1/2個
人参 小1/3本
小1/2
生鮭 4切(350~400g)
小麦粉 大1
サラダ油 大3
めんつゆ 100mℓ
50mℓ
100mℓ
鷹の爪(輪切り) 小1/2
<添え物> カイワレ大根 … 適量

作り方

  1. 椎茸は薄切りにして、舞茸としめじは小房にほぐしておく。
  2. 玉ねぎは薄くスライスして、人参は千切りにする。
  3. 生鮭は食べやすいサイズに切って、ひとつまみの塩を振って10分ほど置く。鮭から出た余分な水分をふき取って、小麦粉を全体に振りかける。
  4. 小鍋にめんつゆ・水を入れ、一煮立ちしたら酢・鷹の爪を入れる。
  5. バットなど平らな入れ物に、(2.) を入れあつあつの (4.) を入れる。
  6. 熱したフライパンにサラダ油をひき、(3.) を揚げ焼きする。焼きあがったら、(5.) の玉ねぎと人参の上に置く。
  7. 残った油で (1.) を炒めたら、鮭の上に乗せ、つゆをすくって上からかける。
  8. 玉ねぎと人参がしんなりするまで味をなじませて、全体を混ぜてお皿に盛り、カイワレ大根を飾る。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記