レシピ / Recipe

夏野菜のスカペーチェ

スカペーチェとは、イタリア風のマリネのこと。作り置きで、お盆の来客のおもてなしにもピッタリ!

夏野菜のスカペーチェ

すっかり夏本番、長い梅雨とのギャップで体調を崩されてはいませんか? 早いものでそろそろお盆シーズンにも突入ですね。今回は、太陽のエネルギーをたっぷり浴びた夏野菜を、ふんだんに使った一品、イタリア料理「スカペーチェ」のご紹介です!

スカペーチェとはイタリア版南蛮漬けのようなもの。たっぷりの油で揚げ焼きにしてからマリネすることで、野菜の旨味・甘みがぎゅっと濃縮!身体も喜ぶごちそうです。他に、オクラやかぼちゃ、キノコ類を入れても美味しく頂けます! また作る時には油ハネには十分ご注意を!野菜の水気をしっかり除いてからフライパンに入れてくださいね。

作り置きできるので、お盆の来客のおもてなしにも便利です。1~2晩ねかしてマリネ液が馴染んだ野菜を、そうめんや冷製パスタの具材にするのも美味しいですよ。口に入れるとジュワッと広がる野菜の旨味に、この夏定番メニューとなるかもしれません。冷蔵庫で冷たく冷やしてから召し上がってくださいね。

材料・分量

分量は4人分です(77kcal = 1人分)
材料 分量
なす 中3本(350g)
ズッキーニ 1本(250g)
パプリカ 赤・黄各1個(各90g)
ししとう 8本(70g)
にんにく 1片(10g)
適量
<マリネ液> 酢(白ワインビネガーまたはリンゴ酢) … 大さじ4
水、きび砂糖、白ワイン(なければ酒) … 各大さじ2
塩 … 小さじ2
ミントの葉 適宜

作り方

  1. なすとズッキーニはヘタを除き、厚めの輪切りにする。パプリカはひと口大に切り、ししとうは破裂しないよう、ようじ等で穴を開ける。にんにくは薄くスライスする。
  2. 鍋にマリネ液を入れて中火にかける。煮立ったら溶かし混ぜて火を止め、火からおろして粗熱をとる。
  3. フライパンに油をたっぷりめに注ぎ、にんにくを入れて香りが出たら取り出し、(1.) を入れて両面に焼き色がつくまで揚げ焼きにする。途中、油が足りなくなったら足す。
  4. (3.) を保存容器に入れ、(2.) を上から注ぎ、冷蔵庫で1時間ほどおいて味を含ませる。
  5. (4.) を器に盛り、ミントの葉を飾る。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記