レシピ / Recipe

冷製ラタトゥイユ麺

旬の食材はその時に必要な栄養素がたっぷり含まれています!暑い時には、冷やしたラタトゥイユをカッペリーニと一緒にどうぞ!

冷製ラタトゥイユ麺

今年の初夏はいくらか涼しいと感じる事が多かったですが、7月も終わりに差し掛かかり、長かった梅雨もいよいよ明け、夏本番の蒸し暑い日が続くようになりましたね。暑い時に食べたくなるものは、やっぱり冷たいもの! 今週はそんな夏本番にツルっと食べたい、旬の夏野菜をたっぷり使ったラタトゥイユ麺のご紹介です!

なすやズッキーニ、オクラといった旬の即材をふんだんに使用するラタトゥイユ麺! 旬の食材にはその時に必要な栄養素がたっぷり含まれているので、美味しく食べられるだけでなく、身体にもいい食材でもあります! 夏バテしがちなこの時期に、よく冷やしたラタトゥイユをカッペリーニにかけて是非いただいてみてください。細めのパスタとトマト風味の味がよく絡み合う一品です。お好みでベーコン等のタンパク質の食材をいれても良いですね!

これからが夏本番といったところですが、皆さん暑さに注意しつつお身体には気を付けて夏をお過ごしください! 是非、暑い時に冷製ラタトゥイユ麺をお試しください!

材料・分量

分量は4人分です(559kcal = 1人分)
材料 分量
なす 3本
赤パプリカ 1個
黄パプリカ 1個
ズッキーニ 1本
オクラ 8本
にんにく 1かけ
クミンシード 小さじ1(あれば)
オリーブオイル 大さじ5
トマト缶 1缶
ローリエ 2枚
小さじ1
こしょう 適宜
カッペリーニ(細めのパスタ) 320g
オリーブオイル(上記用) 大さじ1

作り方

  1. なすとズッキーニは、1cm幅の輪切りか半月切りに、パプリカとオクラは、乱切りにする。にんにくは、みじん切りにする。
  2. 大きめの鍋に、(1.) のにんにくと、クミンシード、オリーブオイルを入れて熱し、香りが出て来たら、(1.) の全ての具材を軽く焦げ目がつくまで炒める。
  3. (2.) にトマト缶、ローリエ、塩、こしょうを加えて全体を混ぜて蓋をし、15分程焦げないように煮る。
  4. (3.) の粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。(ラタトゥイユ)
  5. 別の鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を入れてカッペリーニを表示時間通りに茹でる。茹で終わったら氷水でしめ、ザルにあけてからオリーブオイル大さじ1を絡めておく。
  6. 器に、(5.) のカッペリーニを盛り、(4.) のラタトゥイユをかける。
お好みで乾燥パセリをふる。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記