レシピ / Recipe

菜の花ごはん

春らしい菜の花を使ったランチメニュー。おにぎりにすれば行楽のお供にもピッタリです!

菜の花ごはん

一雨ごとに暖かい日も増え、ようやく冬の終わりを感じるようになってきました。子どもたちもそろそろ春休みに入り、さてお昼ごはんをどうしよう?と悩まれる方も多いのではないでしょうか。今回はそんな時にもさっと手軽に作れる、春らしい菜の花ごはんのご紹介です。

湯がいた菜の花を刻んで混ぜ、柑橘の皮を散らせば、野原のような鮮やかなごはんに早変わり。青菜嫌いのお子さんもこれならパクパク食べてくれること間違いなし! 前日の夕飯時に菜の花の下ごしらえを済ませて、食べる直前にごはんに混ぜ込むだけにしておけば、とっても簡単に作れちゃいます。しらす干しの塩分があるので、だし汁は薄めにするのがポイントです。

おむすびにして、行楽のお供にしても良いですね。本格的な春ももうすぐそこまできています。菜の花ごはんで一足早く春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

材料・分量

分量は4人分です(294kcal = 1人分)
材料 分量
菜の花 1束(150g)
<A> だし汁 … 1/2カップ
醤油 … 小さじ2
みりん … 小さじ2
しらす干し 20g
白ごま 大さじ1
あたたかいごはん 4膳分
柑橘の皮(ゆず、レモンなど) 適量

作り方

  1. 菜の花は水に放してシャキッとさせてから、たっぷりの湯で根元の方から入れ、さっと茹でる。水気を切って葉と芯部分に分け、<A>に※1時間漬け込み、味をなじませる。
    ※前日の夜に仕込み、一晩漬け込んでも良い。
  2. ボウルにあたたかいごはんを入れ、細かく刻んだ (1.) 、しらす干し、白ごまを入れて、全体をよく混ぜる。
  3. (2.) を器に盛り、柑橘の皮を散らす。
付け合わせにゆかり漬けのレンコンを添えました。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記