レシピ / Recipe

豆乳ぶりしゃぶ

寒いからこそ油がのった旬の寒魚、豆乳のクリーミーな味と相性抜群です!

豆乳ぶりしゃぶ

1/20(日)は大寒です。一年でもっとも寒い時期の到来となり、この時期は寒魚がシーズンを迎えます。寒魚はこれから産卵期を迎え体内に栄養を蓄えるので、この時期は脂がのってとっても美味しくいただけます。今回はそんな寒魚の代表格、ぶりを使い、定番のぶりしゃぶにちょっとひと工夫した、豆乳仕立てのぶりしゃぶのご紹介です。

いつものしゃぶしゃぶを少しアレンジし、豆乳が加わることでクリーミーな味となるので、ぶりの脂もあっさりといただけますよ。豆乳を加えたら、沸騰させずに鍋肌がじりじりするくらいの火加減にするのがポイントです。煮立たせると分離してしまうのでご注意ください! 具材が煮えたら、そのまま食卓に鍋を運び、その場でしゃぶしゃぶしていただきましょう。余熱でも充分火が通るので、卓上コンロもいらないお鍋レシピです!

寒魚の美味しい今の時期、ご家族であったかお鍋を囲んで団らんを過ごしてみるのはいかがでしょうか。冬の旬の味覚を皆さんでお楽しみください! ぜひお試しくださいね。

材料・分量

分量は4人分です(238kcal = 1人分)
材料 分量
ぶり刺身 12枚(200g)
豆乳(成分無調整) 400ml
600ml
昆布 5cm角1枚
にんじん 1/2本(70g)
水菜 4把(800g)
ねぎ 1本(100g)
えのき茸 1袋(100g)
ポン酢、柚子胡椒、かんずりなど 適宜

作り方

  1. にんじんは薄切り、水菜はざく切り、ねぎは斜め切り、えのき茸は石突きを除いて食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に水、昆布、にんじんを入れて火にかけ、15分程中火で熱する。
  3. (2.) に豆乳を加え、(1.) の具材を入れて沸騰させないよう弱火で煮る。
  4. (3.) にぶりをさっとくぐらせ、お好みでポン酢や柚子胡椒をつけていただく。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記