レシピ / Recipe

肉寿司

新年の始まりには、豪勢なお肉料理はいかがですか?牛肉の旨みと、さっぱりとしたレモン汁のご飯が相性ばっちり!

肉寿司

あけましておめでとうございます。2019年の今年は亥年です! 子年から始まる十二支が一旦終わり、次の始まりに向けて新たなエネルギーを蓄える年でもあるといわれています。今年は元号も変わるので、新たな挑戦をするにもぴったりな年になりそうですね! そんな新年初回のレシピは、お正月ならではの豪勢な肉寿司のご紹介です!

お寿司といえば魚介類が定番ですが、肉をネタにした肉寿司もまたオツなものです。牛肉の旨味がじゅわっと口中に広がるお寿司になっています! また酢飯の代わりにレモン汁を混ぜ込んだごはんを使い、わさび・塩と一緒にいただくことで、牛肉の脂もさっぱりといただけますよ。作る時のポイントは、牛肉に火を通しすぎず、さっと炙る程度にすることです。肉寿司は食卓を豪華に彩ってくれるので、お正月のおもてなしやパーティにも重宝する一品です。奮発してすき焼き用のお肉を使ってもいいですし、お得な切り落とし肉でも充分美味しくいただけますよ。

是非、新年の年はじめには豪華な肉寿司を作って、ご家族そろってお召し上がり下さい!

材料・分量

分量は2人分(6個分)です(334kcal = 1人分[3個分])
材料 分量
牛薄切り肉(肩ロース切り落としなど) 80g
あたたかいごはん 200g
<A> レモン汁 … 1/2個分
塩 … ひとつまみ
わさび 適量
みょうが(千切り) 適量
塩(あれば岩塩) 適量

作り方

  1. ボウルにあたたかいごはん、<A>を入れて全体をよく混ぜ、6等分して寿司のシャリ型に形を整える。
  2. フライパンを熱し、油少々(分量外)を入れ、牛肉の両面の色が変わるまで強火でさっとあぶる(好みで、赤い部分が少し残るくらいでもよい)。
  3. (1.) の上に (2.) をのせて寿司のように形作り、わさび、みょうが、塩をのせ、器に盛る。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記