レシピ / Recipe

牡蠣そば

平成最後の年越しには、生かきをたっぷりと使用したおそばはいかがでしょうか。

牡蠣そば

2018年も残すところあとわずか、あっという間に今年が終わろうとしていますね。また今年の年末は、“平成最後の大晦日”でもあります。2018年は皆さまにとって、どのような1年になったでしょうか? そして1年を締めくくるのはやっぱり年越しそばですね! 今年最後のご紹介は、旬の食材の生かきを贅沢にたっぷりと使った、年越しそばレシピのご紹介です!

作る時のポイントは、生かきを調理する際に片栗粉をまぶして煮ることです。片栗粉をまぶすことで、生かき特有のプリプリっとした食感がそのまま楽しめますよ。おそばののど越しと、生かきのプリっとした食感がクセになる一品です! 焼いた長ねぎや、柚子皮の千切りなどをそえると、旨みが際立ち一層おいしく頂けますよ!

平成最後の年末には、ちょっと贅沢に生かきをたっぷり使ったお蕎麦を試してみてはいかがでしょうか。新年には温かいものを食べて体調には気を付けつつ、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

材料・分量

分量は2人分です(501kcal = 1人分)
材料 分量
生かき 1パック(約150g)
長ねぎ 1本
サラダ油 小さじ1
めんつゆ(3倍濃縮) 120mℓ
720mℓ
片栗粉 大さじ1
そば(乾麺) 200g
柚子の皮の千切り 少々

作り方

  1. 生かきは塩(分量外)で洗い、流水で流して水気を切る。長ねぎは3~4cm幅に切り、フライパンにサラダ油を熱し、焦げ目がつくまで焼く。
  2. 鍋にめんつゆと水を入れてひと煮たちさせ、(1.) のかきに片栗粉をまぶしてから、鍋に入れ、弱火で煮る。かきに火が通ったら、(1.) の長ねぎも入れる。
  3. そばを表示時間通りに茹で器に盛り、(2.) のつゆと具材を盛り、柚子の皮をのせる。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記