レシピ / Recipe

さといもとバナナのココナッツ煮

根菜のやさしい甘み、ココナッツミルクの甘い香りが、どこか懐かしさを思い出す、ホッとする美味しさです。

さといもとバナナのココナッツ煮

師走に入り、文字通り走り回るような忙しい時期がやってきました。そんな時ほど、しっかり食事をとって体調を崩さないよう心掛けたいものですね。今回は身も心も温まる、ひと鍋でできる簡単あったかメニューのご紹介です。

根菜とバナナをココナッツミルクで煮るだけで簡単に出来る、忙しい朝やお夜食、おやつにもぴったりなココナッツ煮です! 元々は南太平洋やインド沖の熱帯地域の島々で親しまれている料理で、冷やしてデザートとして食べられていますが、あったか料理が恋しい今の季節、是非できたてほかほかの状態でお召し上がりください。根菜のやさしい甘み、とろりとしたバナナが、ココナッツミルクの甘い香りとあいまって、どこか懐かしいような、ほっとするやさしい美味しさの一品です。

寒い季節には特に、お腹が温まると不思議と気持ちもホッとしますよね。手軽なあったかメニューを取り入れて、寒い冬を乗り切りましょう。是非お試しください!

材料・分量

分量は4人分です(292kcal = 1人分)
材料 分量
さつまいも 1本(200g)
里いも 5個(200g)
バナナ 2本(200g)
ココナッツミルク 1缶(400g)
ミント 適宜

作り方

  1. さつまいもは皮付きのまま1cm幅に、里いも、バナナは皮を除いて一口大に切る。
  2. 鍋に (1.)、ココナッツミルクを入れて火にかける。沸騰したら弱火にし、火が通るまで15~20分程煮る。
  3. 器に盛り、ミントを添える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記