レシピ / Recipe

塩糀唐揚げ

七五三には、お子さんも大好きな唐揚げメニューで!パーティー風に盛り付けて、お祝いしましょう!

塩糀唐揚げ

爽やかな秋晴れが続きますね。11月15日は七五三です。最近は日付やお日柄にこだわらず、家族が集まれる日に行う方も増えていますね。今回は子どもたちが大好きな鶏の唐揚げを、塩糀で味付けするお手軽“ごちそう”レシピのご紹介です。塩糀を揉み込んで寝かせることで、ふっくらジューシーな唐揚げに大変身のメニューです!

七五三当日は何かと忙しいですよね。そんな時こそ下ごしらえをしておけば、あとは揚げるだけで簡単につくれちゃいます! 揚げたてはもちろん、塩糀の力で冷めても美味しくいただけるので、行楽のお供やお弁当にもおすすめですよ。塩糀がそのままだと焦げやすいのでしっかりぬぐい、低温の油で揚げることがポイントです。

ピックやお皿で、パーティー風に盛りつければ、子どもたちも大喜びのごちそうメニューに早変わり! ジューシーでクリスピーな味わいに子どもももちろん、大人も大満足の一品です! 子どもたちの成長を願い、家族みんなでお祝いをしましょう!

材料・分量

分量は4人分です(390kcal = 1人分)
材料 分量
鶏モモ肉 2枚(600g)
塩糀(塩分濃度35%) 大さじ3
米粉 大さじ3
片栗粉 大さじ3
揚げ油 適量
ベビーリーフ、レモン、ライム 適宜

作り方

  1. 鶏モモ肉はビニール袋に入れ、塩糀を加えてよく揉み込み、冷蔵庫で1~2晩おく。
  2. (1.) を室温に戻し、塩糀をぬぐって一口大に切る。
  3. ボウルに米粉、片栗粉を入れて混ぜ、(2.) を加えて全体に粉をまぶす。揚げ油を170°Cに熱して、こんがりと焼き色がつくまで時々ひっくり返しながら5分程揚げる。余熱で火を通すため、揚げた後はしばらく休ませる。
  4. (3.) を器に盛り、ベビーリーフ、レモン、ライムなどを添える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記