レシピ / Recipe

なすと車麩の煮物

味がしみ込んだ秋なすがとっても美味しい!意外と簡単に作れちゃう煮物レシピです!

なすと車麩の煮物

うだるような暑さから一変し、朝晩は肌寒くなることが多くなりました。今年の秋の彼岸は、9月20日から9月26日です。お彼岸では、ご家族で集まり、お墓参りへ向かう方もいらっしゃると思います。そんな家族が集う秋の彼岸には、秋茄子と車麩をたっぷり使った秋の味覚を味わえる煮物を作って、おもてなしをしてみてはいかがでしょうか。

旨味をたっぷり含んだ秋なすと、オクラ、車麩がとっても合う煮物です。また、なすは揚げないのでとってもヘルシーです。味付けもめんつゆをベースに作るため、とっても簡単に作れちゃいます。冷蔵庫で一晩寝かせると味がぐっとしみ込んでいくので、前日に作っておくとより一層おいしく召し上がれます。また、たくさん作って作り置きをして、翌日の晩御飯の一品として使うのもピッタリの一品です。

秋のお彼岸でご家族が集う中、みんなで秋なすの美味しさをぜひ味わってくださいね。よい休日をお過ごしください!

材料・分量

分量は4人分です(71kcal = 1人分)
材料 分量
なす 2本(300g)
車麩 4巻4枚
オクラ 8本
生姜 1かけ
<A> めんつゆ(3倍濃縮) … 100mℓ
水 … 500mℓ

作り方

  1. 車麩は表示通りぬるま湯で戻し、軽く絞り半分に切っておく。
  2. なすは縦半分に切り、斜めに切れ目をいれ、3等分に切る。オクラはヘタとガクの部分を切り取り、塩(分量外)をまぶしてうぶ毛を取る。生姜はスライスする。
  3. 鍋に<A>の材料と生姜を入れひと煮立ちさせ、なすとオクラを入れて柔らかくなるまで煮る。
  4. 車麩をいれてさっと煮て、器に盛る。
一晩冷蔵庫で寝かしてもおいしくいただけます。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記