レシピ / Recipe

秋鮭ときのこの炊き込みご飯

お店の店頭にも秋の味覚が並び始めました!今夜は、秋の食材をたっぷり使った炊き込みご飯はいかがでしょうか?

秋鮭ときのこの炊き込みご飯

8月も後半に入り、気温も下がり始め少しずつ秋めいてきましたね。お店の店頭には秋の味覚も並び始めて、いよいよ「食欲の秋」が到来ですね! 今回はそんな、きのこやさつまいも、栗など、秋の食材をふんだんに使った、簡単に出来てとっても美味しい秋の炊き込みごはんのご紹介です! 秋の食材を使って、食卓を彩ってみませんか?

秋の食材を使った炊き込みご飯は、香り豊かで、ヘルシーなきのこと秋鮭がおいしいメニューとなっています。魚は一度香ばしく焼いてから一緒に炊き込むことで、魚特有の生臭さが無くなりとっても美味しく仕上がるので、是非炊き込む前のひと手間に加えて作ってみてください! きのこは食物繊維やミネラル豊富な栄養価の高い食材なので、是非たっぷりと入れて体の中からおいしく食べてみてください! 味付にはめんつゆを使っているので、とってもお手軽な一品にもなっていますよ。

まだ残暑も残る8月後半でもありますが、秋の食材をつかった炊き込みご飯で、味覚と共に食卓に一足先に秋の到来を楽しんでみてはいかがでしょうか? 是非、今晩の一品にお試しくださいね!

材料・分量

分量は4人分です(352kcal = 1人分)
材料 分量
お米 2.5合
秋生鮭切身 2切
少々
しめじ 120g
まいたけ 80g
生姜 一片
小ねぎ 適量
めんつゆ(2倍濃縮) 50ml
だし汁(無塩) 450ml
少々

作り方

  1. 鮭に塩を振り、グリルで香ばしく焼く。きのこは食べやすい大きさにほぐし、生姜は千切り、小ねぎは小口切りにしておく。
  2. 鍋に洗ったお米にめんつゆ、だし汁、塩と (1.) の鮭ときのこを加えて強火にかける。沸騰したら、弱火で12分加熱し、火を止め、10分ほど蒸らす。
  3. 仕上げに生姜、小ねぎを散らして、鮭をほぐして全体を混ぜたら完成。
<炊飯器の場合>

炊飯器にお米、塩、めんつゆ、きのこ、鮭を加え、2.5合のメモリのところまでだし汁を入れて炊く。

だし汁が無塩でない場合は、ごはんを炊くときの塩を減らしてください。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記