レシピ / Recipe

七夕鶏そぼろ丼

炒り卵は天の川のように盛り付けるのがポイント!笹の葉に見立てたさやいんげんが、七夕感を演出します!

七夕鶏そぼろ丼

7月7日(土)は七夕です! 今年の七夕は皆さんどう過ごされる予定でしょうか? 七夕の日は、願い事を短冊に飾ったり、飾りつけを作ったり、いろんな準備があり忙しくなりますよね。そんな中でも七夕の日のご飯のメニューに迷ってはいませんでしょうか? 七夕のメニューといえば、七夕そうめんやちらし寿司など様々なレシピがありますが、今回は簡単に作れて尚且つ七夕感を演出できる、お子さんも大好きな鶏そぼろ丼のご紹介です!

1年に1度の行事は、食事でも家族みんなで楽しみたいものですよね。行事食の時は、盛り付けに工夫するのがポイントです! 今回は、天の川に見立てた炒り卵や、笹の葉のように涼しげなさやいんげんなどで、七夕感を演出しましょう! お子さんと一緒に盛り付けをしてもたのしそうですね! もちろん、盛り付けだけでなく甘辛くしっかりした味付けの鶏そぼろでご飯も進む一品です。

夏バテしないようしっかり食べられるのも嬉しい一品です! ぜひ今年の七夕には、鶏そぼろ丼をお試しください!

材料・分量

分量は4人分です(572kcal = 1人分)
材料 分量
鶏挽肉 400g
<A> 醤油・砂糖・酒 … 各大さじ3
おろし生姜 … 1/2片分
水 … 100cc
3個
<B> 砂糖 … 小さじ1と1/2
塩 … 小さじ1/2
さやいんげん 8個
ひとつまみ
サラダ油 大さじ1
ご飯 4膳分

作り方

  1. 鍋に挽肉と調味料<A>を入れて火にかけ、炒め煮していく。汁がなくなったら火から下ろし、粗熱が取れるまで菜箸などで混ぜる。
  2. 卵を溶き、調味料<B>を加えてよく混ぜる。熱したフライパンに油を引き、炒り卵を作っていく。
  3. 鍋にお湯を沸かし、筋を取ったさやいんげんを塩茹でし、斜めに細切りする。
  4. 温かいご飯を丼に盛り、挽肉を両端に、卵を天の川に見立てて中央に盛り付ける。さやいんげんを笹の葉のように飾ったら完成。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記