レシピ / Recipe

たっぷりたまごの巻寿司

今年の恵方は南南東です!今年の節分は、ご家族で一緒に恵方巻を作って、皆で願い事をしながら食べてみるのはいかがでしょうか?

たっぷりたまごの巻寿司

2月3日は節分です。節分は季節の変わり目といわれ、「立春」の前日のことを言います。まだまだ極寒の日々が続いているので、春がくるのが待ち遠しいですね。そんな今年の節分には、おなじみの恵方巻を手作りしてみてはいかがでしょうか? 本来恵方巻は、七福神にあやかり7種の具材を巻きますが、今回はお手軽に作れる、たまごをたっぷり詰めた恵方巻のご紹介です。

たまごを焼くときは、巻く時のことを考えて綺麗につくらなければと思いがちですが、ちゃんと形を整えてなくても大丈夫なんです! スクランブルエッグのように作っても、しっかりと綺麗に巻いていくことができます。味付けは、からしとマヨネーズを合えていれるところがポイントです! たったこれだけのシンプルなアレンジなのに、マヨネーズのまろやかさとからしのツンとした辛さが酢飯と卵とマッチして、深い味わいを生み出します! お子さんが食べる場合には、もちろんからしを除いても大丈夫です。

ご家族そろって皆で一緒に恵方巻を作るのも楽しそうですね! 今年の節分には是非、ご家庭でお手軽においしい恵方巻を作って、皆で願い事をしながら恵方を向いて食べるのはいかがでしょうか? 是非お試しください!

材料・分量

分量は2人分(2本分)です(809kcal = 1本分)
材料 分量
たまご 4個
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1と1/2
きゅうり 1/2本
サラダ油 大さじ2
酢飯 500g
海苔 2枚
<A> からし … 小さじ1
マヨネーズ … 大さじ2

作り方

  1. きゅうりは、縦4等分に切る。<A>は合わせておく。
  2. ボウルにたまごとめんつゆをいれてよく混ぜ合わせる。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、スクランブルエッグを作るように (2.) を焼く。
  4. 巻きすの上に海苔を置き、ごはんを上2cmあけて敷き詰める。真ん中に<A>を塗り、きゅうりとたまごをのせ、手前から巻いていく。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記