レシピ / Recipe

自家製パンチェッタ

ハーブ類を一緒にすり込むとより奥行きのある味わいに!本格的な味が自宅で簡単に楽しめます!

自家製パンチェッタ

あっという間に師走に入り、年賀状やお歳暮の準備にと、気忙しくなってきました。今回は年末年始のおもてなしにも便利な、自家製パンチェッタのご紹介です。

パンチェッタとは、豚バラブロック肉を塩漬けにし、乾燥・熟成させて作る料理のことで、イタリア料理のカルボナーラやサラダの具材としてよく見かけますね。本来は1カ月近く熟成させますが、自宅の冷蔵庫で1~2週間でできるシンプルなお手軽レシピです。肉の水分が抜けることで旨味が凝縮され、お店で食べるような本格的な味になります!また、塩は岩塩を使い、スパイスやローズマリーなどのハーブ類を一緒にすり込んで風味付けすると、一層深い味わいになりオススメです!

パスタはもちろん、スープやポトフに使うと奥行きのある味わいになりますよ!急な来客時にも冷蔵庫にあれば大助かり!自宅で楽しむのはもちろん、この時期、友人達とのパーティーでも喜ばれる一品です!是非一度お試しください!

材料・分量

分量は作りやすい量です(1580kcal = 400g/1本あたり)
材料 分量
豚バラブロック肉 1本(400g)
20g(豚肉の5%)

作り方

  1. 清潔な手で、豚肉に塩をまんべんなくすり込む。
  2. (1.) をクッキングペーパー、ラップの順に包み、ジッパー付きポリ袋に入れて、1~2週間ほど冷蔵庫で熟成させる。豚肉から水分が抜けるまで、3日目までは1日おきに、それ以降は2~3日に1回、クッキングペーパーを交換する。
  3. 豚肉の赤身が濃い色になり、押しても水分が出なくなれば完成。塩加減を見て、そのまま、または調理前に、流水に10~15分ほどさらして塩抜きしてから使う。
完成後はラップをして冷蔵庫で保管し、2週間を目安に食べきって下さい。
必ず加熱調理してからお召し上がり下さい。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記