レシピ / Recipe

さんまの炊き込みご飯

さんまを一度焼き色が付くまでグリルするのが美味しく仕上げるポイントです!

さんまの炊き込みご飯

気温が少しずつですが落ち着き始め、だんだんと秋が近づいてきているのを感じますね。冷夏の影響が心配されましたが、今年もスーパーの店頭には新米が並び始めました。そして、この時期の旬の魚と言えば、やっぱりさんま!今回は旬の素材を詰め込んだ秋らしさ満開の炊き込みご飯のご紹介です!

さんまといえば塩焼きが定番ですが、是非一度試していただきたいのがこちらの炊き込みご飯のレシピです!さんまの旨味がしっかりお米に移って、格別の美味しさになります!さんまは一度焼くことで、青魚特有の生臭さもなくなり、生姜の香りと相まって、ひとくち食べる度に食欲が増します!大葉やすだち、みょうがなどの薬味をたっぷりのせて、秋の恵みに感謝していただきましょう!

今だけの旬ならではの味わい、是非一度お試しください!

材料・分量

分量は4人分です(488kcal = 1人分)
材料 分量
2合
生姜 1片(30g)
さんま 2尾
小さじ1
<A> 醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
水 300cc
大葉 4枚
白ごま 大さじ1
すだち 適宜

作り方

  1. 米はといで30分浸水させ、ざるにあげておく。生姜、大葉は千切りにする。
  2. さんまは洗って二つに切り、ワタを除く。水気をとり、両面に塩をして10分ほど置き、焼き色がつくまでグリルで焼く。
  3. 炊飯器または鍋に米、<A>、水、生姜を入れてひと混ぜし、さんまをのせて炊く。
    ※炊飯器の場合、2合の水加減で普通に炊く。
  4. 炊きあがったらさんまの身をほぐし、ごはんと混ぜて器に盛り、大葉、白ごまをちらし、すだちを添える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記