レシピ / Recipe

春野菜と帆立のミモザサラダ

彩りがとってもキレイなミモザサラダです!一足早く春を感じましょう!

春野菜と帆立のミモザサラダ

スーパーの野菜売り場では春野菜が並び始めていますね。そんな春野菜のひとつの菜の花は、ビタミンやミネラルが豊富で、風邪や肌荒れの予防、疲労回復効果などがあると言われています。今回はお手軽だけど、おもてなしにもピッタリな『ミモザサラダ』をご紹介します。

『ミモザサラダ』とは、茹で卵の黄身を春の時期に咲くミモザの花のように盛り付けしたサラダです。ポイントとしては、春野菜の鮮やかな色を損なわないよう、茹ですぎないことと、しっかりと野菜の水を切ることです!

お好みの野菜でも作れますが、旬の野菜は味も良く、栄養価も高いので、積極的に献立に取り入れると良いでしょう!可愛いお花畑のようなサラダ、ご自宅で是非作ってみてください!

材料・分量

分量は4人分です(218kcal = 1人分)
材料 分量
菜の花 200g
春キャベツ(またはプチヴェール) 150g
スナップえんどう 120g
帆立(刺身用) 120g
2個
少々
<ドレッシング> オリーブオイル 大2
蜂蜜 大1
レモン汁 大2
塩、胡椒 適量

作り方

  1. 沸騰したお湯に卵を入れ、12分茹でて、ゆで卵を作る。すぐに水に冷やして殻をむき、黄身と白身に分けておく。
  2. 沸騰したお湯に塩を入れ、菜の花の茎は1分ほど、つぼみ部分は30秒ほど湯がく。その他の野菜も同様に色が鮮やかになり、手で触って柔らかくなるまで茹でる。
  3. (2.) の野菜はザルなどにのせてしっかりと水を切り、ホタテとともに皿に盛り付ける。
  4. ドレッシングの調味料を混ぜて、<ドレッシング>を作る。
  5. 茹で卵の白身を細かく刻み、黄身は万能こし器等でこす。
  6. <ドレッシング>をまわしかけてできあがり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記