沿革~有志が集まり昭和48年に結成~

昭和48年に当時の陸上競技経験者の有志が集まり結成され、飯田百貨店陸上部としての活動がはじまりました。
当時は、閉店時間が19時だったこともあり、仕事が終わると板橋区にある城北公園におのおのが集合し練習をしていました。基本は20,000m~30,000mのペース走でした。

当時の実績としては

  • 昭和50年 故・佐藤次男(駒澤大学卒)が日本選手権1500mで決勝進出(時間3分51秒)
  • 昭和52年 佐川利光(現・東村山店店長)が日本代表としてバンクーバーマラソン出場

などです。

その後、競合他社との出店競争・閉店時間の延長・定休日の廃止などに伴い、活動は縮小し、平成10年からのおよそ10年間は、小林剛志(前・監督)と会沢陽之介(駅伝部監督兼アスリートクラブ代表)の2名で活動を継続。

平成19年に久保拓(現・西尾久店惣菜部チーフ)、翌年に塚本洋平(現・商品部バイヤー)が入社。平成21年に上武大学から須藤祐太郎(現・GMOアスリーツマネージャー)・三浦伸二郎、拓殖大学から児玉雄介(現・人事部採用担当)が入社するとともに、実業団登録をし、小林剛志が監督に就任し、コモディイイダ陸上部から、コモディイイダ陸上競技部に改名し、2011年度から長距離以外の選手の加入も増えたことから駅伝部とアスリートクラブに団体を別けました。

2014年3月に小林剛志監督が退任し、会沢陽之介が駅伝部監督兼アスリートクラブ代表となり、登録陸協を両団体ともに東京陸協に移し、団体名は「コモディイイダ陸上競技部」に統一。アスリートクラブという名は、陸連公式レース以外で使用する名称としました。

また、2013年度より競歩の道口愛選手がオリンピック強化指定選手となり、女子チームの競技力向上に伴い2014年度より、女子チームは駅伝部と同じく会社の公認チームに昇格し、本格的な活動を開始。
2016年4月には野田春香選手が招待派遣として出場したIAAFグアムインターナショナルマラソン10km優勝、井上実乃里選手が長野マラソン(42.195km)で7位(日本人3位)入賞を果たしました。

※東日本実業団対抗駅伝には、飯田百貨店時代を含め10回出場。
昭和50年 51年 52年 53年 平成13年 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年

※過去の主なレース結果(平成14年から平成21年5月まで)

平成21年5月以降のレースは駅伝部ブロクアスリートクラブブログをご覧下さい。

駅伝部主なレース結果※下記一覧表は左右にスクロールできます。
大会名 種目 結果 記録 選手
平成14年 東日本国際親善マラソン ハーフマラソン 準優勝 会沢 陽之介選手
5キロ 優勝 小林 剛志選手
平成15年 大田原マラソン 42.195km 13位 2時間33分15秒 会沢 陽之介選手
横浜マラソン ハーフマラソン 4位 1時間9分50秒 会沢 陽之介選手
国民体育大会(静岡) ハーフマラソン 出場 小林 剛志選手
平成16年 多摩ロードレース 5キロ 優勝 会沢 陽之介選手
光ヶ丘ロードレース 10キロ 優勝 32分13秒 会沢 陽之介選手
埼玉選手権 10000m 3位 小林 剛志選手
東京都民体育大会 10000m 3位 会沢 陽之介選手
青梅マラソン 30キロ 28位 会沢 陽之介選手
平成17年 多摩ロードレース 5キロ 優勝 会沢 陽之介選手
10キロ 準優勝 会沢 陽之介選手
多摩川マラソン 5キロ 優勝 会沢 陽之介選手
スマイルマラソン 5キロ 優勝 会沢 陽之介選手
鶴ヶ島グリーンロード 10キロ 優勝 会沢 陽之介選手
川口マラソン ハーフマラソン 3位 会沢 陽之介選手
5キロ 優勝 小林 剛志選手
鴻巣バンジーマラソン 5キロ 優勝 小林 剛志選手
横田駅伝 5キロ 優勝 小林 剛志選手
戸田マラソン ハーフマラソン 3位 会沢 陽之介選手
5キロ 優勝 小林 剛志選手
平成18年 多摩ロードレース 5キロ 優勝 会沢 陽之介選手
立川マラソン 10キロ 8位 会沢 陽之介選手
川口マラソン 5キロ 4位 小林 剛志選手
平成19年 谷川真理マラソン 3キロ 準優勝 会沢 陽之介選手
上福岡ロードレース 5キロ 優勝 小林 剛志選手
霞ヶ浦マラソン(高橋勇市選手の伴走) 42.195km 優勝 会沢 陽之介選手
多摩ロードレース 10キロ 準優勝 会沢 陽之介選手
高島平・日刊スポーツロードレース 5キロ 3位 15分27秒 小林 剛志選手
平成20年 関東ロードレース 10キロ 優勝 会沢 陽之介選手
さいたまシティマラソン ハーフマラソン 準優勝 会沢 陽之介選手
上福岡ロードレース 5キロ 優勝 小林 剛志選手
高島平・日刊スポーツロードレース 5キロ 5位 小林 剛志選手
谷川真理駅伝 20km(4区間) 4位 小林・塚本・会沢・向坂
吉川なまずの里マラソン 5キロ 優勝 15分56秒 塚本 洋平選手
5キロ 3位 16分06秒 小林 剛志選手
入間東部地区駅伝 5区間 優勝 向坂・小林・塚本・久保・会沢
平成21年 東京マラソン 42.195km 完走 会沢 陽之介選手
児玉 雄介選手
東日本実業団陸上 3000m障害 10位 9分15秒24 三浦 伸二郎選手
多摩ロードレース 5キロ 3位 会沢 陽之介選手
吉川なまずの里マラソン 10キロ 優勝 31分45秒 須藤 祐太郎選手
4位 33分06秒 小林 剛志選手
5位 33分08秒 会沢 陽之介選手
早稲田大学競技会 3000m障害 組2着 9分13秒 三浦 伸二郎選手
1500m 組1着 4分13秒 塚本 洋平選手
霞ヶ浦マラソン(高橋勇市選手の伴走) 42.195km 優勝 会沢 陽之介選手
稲城ロードレース 10キロ 準優勝 塚本 洋平選手
6位 久保 拓選手
8位 向坂 光選手
5キロ 準優勝 塚本 洋平選手
3位 会沢 陽之介選手
三多摩労働者マラソン 10キロ 準優勝 33分03秒 塚本 洋平選手
4位 33分33秒 会沢 陽之介選手
上福岡ロードレース 5キロ 優勝 小林 剛志選手
鴻巣バンジーマラソン 5キロ 3位 15分57秒 久保 拓選手
春日部大凧マラソン 5キロ 優勝 15分36秒 須藤 祐太郎選手
第24回平成国際大学記録会 5000m 14分46秒 三浦 伸二郎選手
15分52秒 須藤 祐太郎選手
16分07秒 会沢 陽之介選手
1500m 4分12秒 塚本 洋平選手