活動内容~通常業務も競技も責任感をもって取り組む~

我々の駅伝部・アスリートクラブの存在意義は社員の士気高揚に他なりません。

『一緒に働く仲間から仕事も競技もよくやってるね! 私達もがんばらなきゃね』と思っていただけるような存在になることで会社に勢いをつけることこそ最大の活動目的です。

その上でアスリートと共に働きたいという入社希望者が増えたり、アスリートのいる店で買い物したいと思ってもらえるような広報の役割ができたら最高と言えます。

当社は大正8年以来、先輩から後輩へと仕事や伝統を、まさに駅伝競技のように途切れることなく繋げてきました。

同様に、陸上競技部(駅伝部)も昭和48年から今日に至ります。

それができたのは、先輩方が仕事と競技の両立をしっかりと行い、引退後も店長やチーフなど責任ある各セクションで活躍されてきた努力の上に成り立っています。

一時の待遇向上や記録を出したから報酬がほしいと言うことではなく、歴史の重みを感じ、なによりも競技ができている環境に感謝の心を忘れずに活動していきたいと考えています。

以上のことを踏まえた上で、駅伝部とアスリートクラブの活動を別けています。

駅伝部

  • ニューイヤー駅伝出場を競技の最大目的として活動する。
    強化選手枠は最大15名で構成し、寮生活、合同練習への参加を必須とする。
  • 駅伝部として、十和田八幡平駅伝全国大会・奥多摩渓谷駅伝・奥むさし駅伝での優勝を目指す。
  • 店舗(店長)から店舗近隣のマラソン大会への出場養成があった場合、積極的に参加する。
  • 拠点となる朝霞市のイベントには積極的に参加する。
さまざまな活動

2018年8月から毎月、東京マラソン財団とコラボしてランニング教室も開催している

アスリートクラブ(男子駅伝部以外の種目及びメンバー)

  • 2014年度より女子チームも実業団登録し、主要大会の出場を目指す。
  • 地域密着型スーパーの活動に連動し、地域の各大会での上位入賞を目標にする。
  • 東京都が主催する大会に積極的に参加する。
  • 個々に定めた目標に対し、ひたむきに取組む。